たまろぐ〜自然と調和して生きる~

星と植物と動物をこよなく愛しています。ムーミンも。いつでも根本にあるのは「自然の一部として生きていく」という強い想いです。

2021年、始まりました。

f:id:sheherazade-astrology:20210101225408j:image

 

色々あって、12月下旬からずーっと眠たいままで新年を迎えてしまいました。

2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、年初めに、毎年恒例のアストロダイスを振ってみました。今回は1年を象徴するカードとして、ワンオラクルも大アルカナのみで追加。


まずは夫を占ったのですが、夫の結果はタロット「太陽」

そしてダイスは「6ハウス・天秤座・冥王星」。


この1月から半年間、夫のN太陽(6ハウス)にはT冥王星コンジャンクションなのですが、それともリンクした結果ですね。


仕事で部署が変わるかも?美的センスが問われるような仕事を任される?もしくは社交性が必要な仕事内容になる?営業とか?


もしくは普段の生活や、健康面をきちんと整えていくことになる?いずれにしても、日常の暮らしの部分で、今のスタイルを根底から変えていくことになるかな。徹底的に取り組む。または徹底的に変えざるを得なくなる。


だけど「太陽」だから、基本的にはどう転んでも良くなっていく!前向きに明るく、チャレンジ精神で進めば大丈夫。良い1年になりそうですね。


冥王星の力も、良い方向に働いていきそうですね。まぁ「人間万事塞翁が馬」ですから、良いも悪いもないんだけど、でも彼自身がポジティブにパワフルに乗り切れるってことでしょうね。良かったです。

 

正直、N太陽とT冥王星の合だから「病気か、事故か、リストラか…何が起きても不思議ではないね」なんて覚悟してる節もあったけど、前向きに進めるなら特に心配はいらないですね。

 

実際、年始早々彼にとって嬉しいことがありまして、「これのことかな?!」なんて喜んでおりましたが、まぁそれのことだけではないと思いますけど、全体的にはそんな感じで嬉しく楽しく朗らかな1年を過ごせそうに思います。

 


一方、画像がわたしの結果。

タロットが「塔」。

ダイスは「9ハウス・牡羊座海王星」。

事故か病気かリストラにあうのは、どっちかと言うと私だわ笑

 

多分、もう今までのやり方は本当に行き詰まって、テコ入れがあるんでしょうね。それも激しめな。不可抗力的な部分でもって。

ダイスの並びはやっぱ「精神世界に猪突猛進」って感じで、もう顧みることなくドップリそっちに行きそうですね。

既に自分でも心当たりあるというか、今年はそういうことを勉強しようと思ってたんだけど(^_^;)

 

いかんせん「塔」だからな。

思い描いた理想の通りには、進ませてもらえなさそう。結果的にすごいスピードで辿り着けるかもしれないけど、その道中はスムーズではないんだろう。

今年が終わって振り返った時に、自分の持ち物はごっそり入れ替わってるんだろうな、という気がする。


なんだか…

私たち夫婦は、今年の末も、夫婦でいられるのだろうか…笑

 

などと思ったり。

 

夫婦じゃなくなっててもおかしくないね、って感じがする。

仮に夫婦だったとしても、今とは全く違う関係性になってても変じゃないね。

 

別にこれはネガティブな気持ちから言ってるわけじゃないんだけど、タロットで言うところの塔を壊す雷、つまり今の私にとっての「青天の霹靂」にあたるもののうち、最も現実味があるのは、彼との離別なわけです。

わたしの価値観を変えるために起き得る出来事としては、それが現時点では最もリアル。

 

でもまぁ、出来る限り夫婦でいられるよう、出来ることはなんでもやってみたいとも思っています。

一応これでも、自分の伴侶になり得る人は地球上に夫以外いなかったという点は、心の底から確信しているのです。

 

まぁ来年読み返してみれば、何がわたしの塔を壊したのかも明らかになるでしょう。

想像を遥かに超えたハプニングが起こる可能性だって充分あるわけだから。

いや、むしろ、そっちのが可能性高いかな。いかんせん「塔」だし。想像できる程度のハプニングなら、価値観も崩れようがないか。

 

まぁ、言霊もあるからここには詳しくは書かないけど、あまりにつらくて悲しいのは勘弁…。よろしく神様!

 

次の正月にこの記事を読み返すのを、楽しみ(?)にして1年過ごします。ふふ…

いつでも死ねる準備

色々なことに前向きになったら不思議なもので「いつでも死んでも良いように身辺整理をしよう」と言う気持ちになったのですよね。意識が「死」に向かうんですよ。

先月祖母が亡くなったってこともあるんでしょうけど。

 

まぁ30代半ばなので実際のところはなかなか死なないと思うんですけど、なんというか、「こんなに物って必要かな」「手持ちは全て把握しておきたいな」って思ったというか。

 

なんだろうな、いろいろ持っててもあんま意味がなくなってきたっていうのかな。もちろん欲しいものは欲しいし、手放したくないものもあるんだけど、最悪水没したと思えば全部無くなったってなんとかなるわけじゃないですか。というか、なんとかせざるを得ないわけですよ。

 

と、いうか、それこそ死んだらそれまでで、物って多分あの世には持っていけないじゃないですか。

 

だとするとね、「ただ見てるだけで心が踊って、日々の幸せを運んでくれる物」と、「本当に毎日の暮らしに必要な物(明日履くパンツとか)」だけあれば良いんですよねきっと。

 

それこそパンツなんか、水没しちゃってもすぐさま困らないですけど、結局後で100均かどこかに買いに行くわけですよね。

 

つまり、基準としては、「水没した場合に、生活必需品としてとりあえず買いに行くだろう物」は最低限残しておいた方が良いよな。

まぁあとはそれに付随した収納はある程度必要だろうな。床置きするわけにもいかないしね。

 

物が多いと、混乱して、自分の本心が分からなくなるんだよね。

 

2020年のうちに(って言っても残り僅かだけど)、できる限り片付けて、新年度までには本当に全て整理整頓したい。

 

具体的にはどういうことかというと、荷物はもちろんそうだけど、会員登録したまま放置してあるサイトだったり、DMの停止手続きとかもですよね。パソコンの中身ももっと整理したい。写真とか。

あと身体の贅肉も。ほんと、なんか、これ意味あんのかなぁって思ってきて。不経済の最たる物ってこれだよ、この身体。

太ってたとしてもせめてもっと動ける筋肉欲しい。前述した基準で言うと、「見ててときめく身体」or「実用性のある身体」てことですよね。質を求めたい。

 

あと、本当に私が死んじゃったあと、夫があらゆる手続きを全てひとりで出来るようにノートにまとめておきたいし。

 

なんか、軽ーくなりたいんだよなぁ。

これまでも断捨離は何度もしていて、割となんでもポイポイ手放せる人ではあるのですが、なんだかまだまだ足りない。

心地よく無い。

 

私は、自宅の中で寝室が一番好きなんですが、寝室って本当に無駄な物が無いんですよ。

寝具と、空気清浄機と、レイコップと、加湿器しか置いてない。

布団畳めば、なんの障害もなく隅から隅まで掃除機かけられるのが本当に最高。棚とかも何も置いてないから。

押し入れはあるけど、その中に入ってるのも季節もの(節句の人形とか)だったり、いずれ手放すにしても当面は必要な物たちしか入っていない。もうこれがとても気持ち良い。

全部屋そういう状態でありたいし、私自身もこういう状態でありたい。

 

明日急に死んでも、自分も家族も困らないようになりたいんですよ。

 

と、いうわけで、少しずつ片付けてます。

これも、仕事が減って時間が増えたからできることではあるんだけど。こうして自分のことにかまけられる時間というのは、割と豊かなことだという気がします。

 

なんだろうかな。豊かさの概念がやっぱ、少しずつ変わってきたよな。

給料が減っても、かえって豊かになる側面もある、と。

 

あ、お金は好きだし、必要な分はあって欲しいんですけどね。もちろん。

メール鑑定再開のお知らせ

f:id:sheherazade-astrology:20201201145214j:plain

本当は昨日の満月と同時にお知らせしたかったのですが、なんやかんやで作業が間に合わず本日のお知らせとあいなりました。

 

長らく休止しておりましたホロスコープ鑑定を本日より再開いたします。

PDFで結果をお送りするメール鑑定のみの受付です。ホームページもリニューアルオープンしました。

 

f:id:sheherazade-astrology:20201201145404j:plain

植物と星の教室 Sheherazade(シェヘラザード)

 

鑑定メニューは2種類。

「出生チャートリーディング」と「1年間の星読み」です。詳しくはホームページの「MENU」をご覧下さい。

 

どちらもオプションでタロットリーディングを付けていただけます。

 

タロットリーディング単品のメニューは、ただいま準備中です。年内にはオープン予定です。

 

また、今年の初めに無料鑑定キャンペーンを行った際にございましたメニュー、「母と子の星読み」につきましては、諸々改良点などありますので、こちらも準備が整い次第オープン予定です。

 

今年度中には正式メニューとしてお届けできればと考えています。


一応、形としては2015年に教室オープンして以来、足掛け5年でやっとここまで来られました(^_^;)

 

スロースターターも良いところですが、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

11月30日 双子座の満月

f:id:sheherazade-astrology:20201130095315j:image

 

今夜18:30、月は双子座にて満月を迎えます。

 

今回の満月は、半影月蝕ではありますが、蝕と重なっているのでパワフル。

 

双子座の月は「潜在意識」や「隠されたもの・隔離されたもの」「神への奉仕」などを表す12ハウスに鎮座。

 


対面の射手座太陽は、「日々の暮らし」「働くこと」「心身のケア」などを示す6ハウスに入室しています。

 


月と太陽それぞれの近くには、10度ほど離れてはいるものの双子座ドラゴンヘッドと射手座ドラゴンテイルが同じハウスに入室していますね。

 

つまり今回の満月は、過去に繰り返してきた慣習と決別し、次のやり方へと踏み出すべきタイミング。ひとつの物語が終わる時ですが、続編が始まるかどうかは、これまでの悪しき慣習を手放すか否かによって変わりそう。

 


さらに、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルは、9ハウスの魚座海王星と90度、Tスクエアを形成しています。

 


太陽と月のいる6ハウス-12ハウスのラインは「奉仕」のライン。6ハウスは現実的な奉仕(傷ついた人への現実的なケア、治療、介護など)である一方、12ハウスの奉仕は「神への奉仕」。シスターのような、スピリチュアルな領域での奉仕です。

 


それらが9ハウスの魚座海王星という、これまためためたスピリチュアルな星と角度を取っているわけです。9ハウスは、「ここ以遠のもの」「高度な学び」を指し、占星学や宇宙も9ハウスに含まれる分野です。つまり宇宙とのつながりを感じることによって、肉体的にも魂的にも癒しが訪れるわけですね。

 


いよいよ宇宙意識と同期完了と言った感じの図です。私はいまふと「キャトルミューテーション」が浮かんだんですが、調べてみたら、あの牛がUFOにさらわれるのはキャトルミューテーションではなくて「アブダクション」と言うのだそうです。知らなかった!

 


※キャトルミューテーションとは、無血の状態での異常な状況下での牛(家畜)の殺傷を指すそうです。

 


つまり、なんというか、宇宙船?ノアの方舟?への乗り込みが完了するタイミングだと感じるわけです。

 


ここから先は、高次の知識がどんどん必要になっていく。それが当たり前になっていって、多分3次元の物の見方では理解できないことがどんどん増えていく。

 


「分からないから受け入れない」と頑なになってしまうと、早い段階で行き詰まる。

今まで常識だと思われてたことは通用しなくなっていくから。

きつく抱きしめてるものが多い人ほど、ここか先は辛くなる。

 


理解できなくても、知ろうとすること。

意識のチューニングを新しい時代に合わせていくこと。

今は分からない事象や、難解な文章の中に、いつか本当のカタルシスを見つけることになる。

 


結構いま、コロナ騒動という状況下で、いろんなことに行き詰まってたり、疲れを感じている人も多いと思う。

そういう時に、俯瞰の視点を持とうとしてもなかなか難しくて、例えば何か突き抜けた存在にひとつ上の階層に連れてってもらうのが手っ取り早いんだけど、それって3次元的な視点から見ると「失業」だったり「事故」だったり「病気」だったり、ネガティブな出来事として現れやすい。

 


「なぜそれが起きてるのか?」

それを考えることで、自身が求めている答えが返ってくるように思います。

 

 

「どこか遠くに行きたい」「現状から抜け出したい」と望んでいた自分の目の前に、ついに現れた宇宙船。

その時に、「UFO?!そんな得体の知れない物怖くて乗れない。乗ったら最後、もう戻ってこれないかも知れないし…」と乗船拒否するよりも「もうどうなるかよく分かんないけど、とりあえず乗っちゃおう!」くらいの軽い気持ちの方が上手く行く。

 


この先の時代を乗り越えるコツは、羽根のように軽く、軽く。なんせ風の時代なのだからね。いつでも風に乗れるように、臨機応変に動けるためのたくさんの知識と、フットワークの軽さを大切にしていきたいですね。

自分に納得しているかどうかということ

前回の日記で、食事について少し書いたのだけど、

 

sheherazade-astrology.hatenablog.com

 

この中で、プロテインやサプリに対して「なんだかなぁ」というような事を書きましたが、実際のところ、必要に応じて摂取することに関しては、何ら抵抗もないです。

 

「自然と調和して生きる」と言うと

「オーガニック一辺倒」とか「天然ものへのこだわり」みたいに思われたりしますが、

そういうわけでもないです。

 

そりゃ化学的に合成されたものよりは、より自然に近いものを摂取できれば理想だとは個人的には思いますが、自然の物だから安全だというわけでは決してないし、化学的なものを摂ったからと言って、それで今よりも確実に元気になるのであれば、それは全然良いではないですか。

 

本音を言えば、全部自分で作った野菜やお米を食べたり、自分で捕った動物をさばいて食べたり、そういうことができればいいと思っています。

でもちょっと、現時点ではそれはさすがに無理だなと思います。

そういった点で、折り合いを付けている部分はいくらでもあるわけです。

 

とどのつまり、「自分が“それ”を選択することに、現状、納得しているかどうか」という点に尽きるのですよ。

 

で、私の場合は、サプリだプロテインだってことにとらわれ過ぎて、それ以前の「理想の食生活」という部分から離れてしまっていたのが問題なんであって、自分の中で納得していれば、プロテインやサプリも上手に使っていきたいと思っています。

ただ、実際問題として、まともな食事すら摂っていないわけだから、それでサプリ飲もうったってね。土俵にすら上がれていないよね、って感じ。

 

まず、ご飯を食べる。

それから足りない部分を補うプロテイン

さらに「追加して補う」という意味で、サプリメント。本来の意味ですよね。

 

そういう風にやっていきたいなぁと思っています。

 

f:id:sheherazade-astrology:20201128211723j:plain

 

さて、先日わたくし「偏頭痛」と診断を受けました。

もともと、雨の前とか台風の前とか頭が痛くなることはあって、

他にも生理前だったり、疲れが溜まっていたりすると頭がズキズキ痛む事はあったのです。ひと月に1回とか、2カ月に1回とか。

 

「これを、偏頭痛と言うのでは…」

と思わないことも無かったのですが、

今まで、わざわざ頭痛で病院を受診したことは無かったものですから、

まさか自分が「偏頭痛持ち」だとは思わなかったというか、

認めないようにしていたというか…。

 

それがこのひと月、ストレスもあったのか頭痛で嘔吐することが2回も続いたものですから、さすがにちょっと不安になって脳外科でCTを撮ったのですよね。

結果、脳に異常はなかったものの、「偏頭痛ですね」と。

 

そうなんだー…。

 

本当にこの偏頭痛というのがやっかいで、一度痛くなると2~3時間痛くて、

その間、人としてなにもできなくなっちゃうので(呼吸するので精一杯)、

なかなか困ったものなのです。翌日も頭ずっと重いし。

 

で、偏頭痛の原因は色々あるらしいんですけど、

やっぱなんにしても食生活は重要な気がします。

 

私はもともと、どうやらビタミンB群が不足しがち(うまく作れない)な体質である予感がしているのですが、多分そのせいでセロトニンも欠乏気味じゃないかなと思うんですよね。

 

セロトニンの合成にはトリプトファン必須アミノ酸)とビタミンB6が必要らしく、

正直、どっちも足りていない自信しかございません。

 

何やらビタミンを合成するのは腸内細菌らしいので、

やはりまずは腸内環境を整えてしっかり吸収できる身体になることが大切だし、

外からも栄養素としてきちんと摂取しないといけないよね。

 

あとあと、今年入ってから頭痛が悪化した自覚がすごくあるのですが、

それってマスクによるところが大きいと思っていて。

 

もともと私は本当にマスクが嫌いで、人生の中でマスク付けた経験が両手で足りる程度の人間だったんですが、今や働く時にはマスク必須になっていますよね。

今年からパート再開したので、今年入ってからは毎日一定時間、ほぼマスク強制なのです。

 

これは、影響が出ないわけがないと。

単純に息苦しくて酸欠になりますし。

首肩のコリもえらいことになっています。

 

もう、根本的な解決策は、マスクしないで出来る仕事に就くしかないと思うんですよね。これは冗談じゃなくて、結構切実で。

それくらいにはストレスを感じているのです。

マスクしている自分に、まったく納得していないのですよ。

 

どこかの会社に属している以上、在宅じゃない限り基本的にはマスク必須ですものね。

 

というわけで、近日中にホロスコープメール鑑定の再開を目論んでおります。

これは本当に私にとっては死活問題で。

 

このまま精神が死んでいくよりは、どうせ死ぬなら最後に好きなように生きようという次第なわけです。

心身を整える食事を

f:id:sheherazade-astrology:20201124101536j:plain

 

年齢を重ねるごとに、また2回の出産を経てから、

本当に免疫が落ちたなぁと言うか、

若い頃のように「適当に暮らしていてもまぁ元気!」みたいなことが無くなって、

適当に暮らしているとそれ相応に体調が崩れるようになってきました。

 

例えば、22時を過ぎてから就寝すると疲れが取れないとか、

夜お酒を飲んでしまうと次の日怠くて何もやる気が出ないとか、

お菓子ばかり食べるとあっという間に口内炎になるし、

頭もボーッとして働かなくなる。

一度風邪を引けばなかなか治らないし、

薬はなるべく飲まない主義なのだけど、

薬を飲まないと1週間でも2週間でも不快な症状がグズグズと続くので、

もう妥協して飲んでしまう。

 

身体がこんな状態だと、もちろんメンタル面も沈んで行くわけで。

そうなってくると、子育てにも影響が出るわけで。

 

何しろ子育ては体力と精神力で勝負みたいなところあって、

いかんせんナマモノ(それもかなりのエネルギー体)を相手にしているわけだから、

ルーティンだけで乗り切ろうと思ってもそうは行かないのです。

 

元々、色々な健康法なんかは好きで、

だからこそハーブやアロマについて学んだというのもありますが、

産後は「とにかく元気になりたい!」と切羽詰まった思いで色々と試しました。

 

その流れで、分子栄養学やメガビタミンという考えに出逢い、

一時は「糖質制限+高たんぱく」の食事、

それにプラスして複数のサプリメントを摂っていた時期があります。

上の子を産んで1年経ったくらいから、下の子が1歳になるくらいまでだから、

だいたい2年くらいかな。

 

糖質制限といってもそこまで厳密ではなく、全然守れない時もあったし、

なんやかやでお菓子を食べたりもしていたけど(←)

どちらかというと糖質制限よりもたんぱく質を多めに摂る事を意識していて。

卵、お肉、プロテイン。その辺を多く摂るように心がけました。

特にプロテインは朝晩欠かさず、時には1日3~4杯飲むことも。

何しろ目標はたんぱく質を1日100g。

植物性のたんぱく質は、プロテインスコアが低いという事で、食べてもたんぱく質にカウントしないことにしていたので、とにかく肉卵プロテイン

 

で、サプリも色々。

ビタミンB・C・D・E、ナイアシンマグネシウム、鉄etc...。

 

最初のうちは「お!元気になってきた!」みたいな手ごたえがあった気がしたのですが、途中からは正直体調良いんだか悪いんだかよく分からない状態でした。

普通に風邪もひくし、イライラもするし。

便の量も減るし、何となく色々と消化しきれてない感じがある。

かと言って、サプリを飲み忘れたり、面倒で飲まないことが続くと、また一気に体調が落ちたり肌が荒れたりするので、「あぁやっぱ効いてるんだなぁ」と思ったり。

 

あとは、とにかくたんぱく質が優先なので、

「野菜は高いし、栄養少ないし、子供も食べないし、買わなくて良いや」

みたいな感じ。申し訳程度の野菜が時々、食卓に乗るくらいでした。

お肉揃えるだけでそれなりにお金がかかっちゃうし、サプリも買わなきゃだしね。

 

でも、そんなことを続けているうちに、

こういうスタイルは私が求めているものと違うなと思うようになって。

 

なんだかなぁ。

私は、旬の物をシンプルに美味しく楽しく食べることがしたい。

野菜も食べたいし、

お肉も大事だけど、そこまで必死こいて食べるのに疲れてしまった。

子供達にも、「食べるって楽しいよ」ってことを伝えたいのに、

今の食卓はちっとも楽しくない。

楽しくないということは、私にはこのやり方は合っていないのではなかろうか。

1日3回もある食事が楽しめないというのは、

毎日を楽しめていないということなのでは。

 

そしてサプリ。

サプリを大量に飲まなければ保てない体調って、

生物としてそもそも何なんだろうか。

私は一生サプリを飲んでいくのかな。

薬は飲まない主義だけど、サプリは飲むのか。

薬とサプリは別物だけど、

「それを飲むことに依存している」という点では、

どちらも同じような気がしてしまった。

 

そして、今年の夏ごろからサプリやプロテインを飲む気がパッタリ無くなってしまい、

その頃からパート先でのストレスも重なって、

体調としてはあまり元気とは言えない状態が続いていました。

で、そういう時って食事もジャンキーになりがちで、

どんどん悪循環。ドーピングのように菓子パンとかばっかり食べちゃうよね。

 

本来望んでいる生き方からは離れていくばかり。

自然療法も占星術もやる気が起きず、毎日眠たくて、

ところてんのように押し出される日々をただただ過ごす事に必死。

子どもの世話に追われ、いつも鬼のような形相をしている。

心が乾燥しているのが分かる。笑顔が減ったことも分かる。

「死にたいなぁ」と、特に悲観的にではなく、軽いノリで考えるようになった。

今日を、明日を、乗り切る元気が無いのだ。

 

昔見て「美しい」と思えたものの美しさにも、気付けないようになっていた。

そのことにふと気付いた時に

「これじゃ本当に死んじゃうな、というか、ある意味すでに死んでいるんだな」

と思ったのでした。

 

私は、自分を、好きでいたい。

それだけなのです。

 

・・・さて、前置き(?)が長くなりましたが、

そんなこんなで少し腸活に取り組み始めています。

要は、自分自身の持つ自然治癒力を高めて行こうという方向に、舵を取る事にしたのです。食に限らずなんですが、要は「自分を信じて生きるトレーニング」をしていこうと。遅まきですが・・・

 

地の時代が終わって、風の時代になるしね。

もう言い訳しないで「本当を生きよう」と思うの。

 

その一環で、衣食住についても色々と綴れたらなぁと思っている。

 

更新頻度が少ないのは、本当に私が不器用人間なため、日々に追われてブログを書く余裕が無いからってだけで、体感として「あぁ3日くらい書いてないなぁ」と思ってPC開くと既に1週間以上あいてたりすんだよね。

「夜にやろう」と思っても、いざ夜になると「あ、眠い無理~」「やる気しない~」とか、観たいドラマあったらそっち優先させたりするよね。

 

義務感じゃ書けない。

けどきっと今はそれでいいんだな。

 

まずは身の回りを整えて、丁寧に、丁寧に。

'20の太陽回帰図を見忘れていた

f:id:sheherazade-astrology:20201114204627j:plain

毎年、8月の自分の誕生日には太陽回帰図を作って1年間を予想し、

さらに前年の回帰図を見返して、

実際に起こったことと照らし合わせる作業をしているのですが、

なんと今年は太陽回帰図を作ってすらいないようなのです。

 

まぁでも考えてみたら、今年の夏ってパートに明け暮れてて、

職場でのストレスで2ヶ月くらいお腹の調子が変だった頃で、

確かにパソコン立ち上げる余裕も無かったなぁと。

 

あれこれ探しているうちに、

2019年の分は見つけることができたのですが、

とは言え色々と雑にメモしてある回帰図だけで、

きちんと清書したものは見つけられなかった。

2019年の8月も産後真っただ中だったし、

引っ越し準備に追われてたからなぁ。

バタバタしてるうちに、ゴミに混じって捨てちゃったのかもしれない。

 

さて、また1年後読み返せるように、2020年の太陽回帰図についてメモ。

 

2ハウスに牡羊座の火星。

それが6ハウス獅子座の太陽&水星とトライン。

2020年は、雇われ仕事で頑張って稼ごうとしてるねー。

 

実際、保育料を稼ぐ必要があるから頑張ってはいるけれど。

でもまぁ扶養の範囲内で…。

だから、入った分はまるっと保育料に消える。

 

あまりに前職でのストレスが大きすぎたので、

11月にパート先を新しい職場に変えたのだけど、

今のところはそこまで忙しくもないしそんなにシフトも入っていない。

それが、これからどうなるかな。

また少しずつ忙しくなっていくかもしれないね。

 

あとは、このトラインが、

4ハウスの双子座ドラゴンヘッドと小三角を形成しているから、

パート先だけじゃなくて家でPCを使ってできるような仕事、

それこそホロスコープのPDF鑑定なんかも並行してやっていくことになりそう。

というか、いい加減そうしていきたいな。

 

ASCは魚座サビアンシンボルは「公共の市場」。

支配星である海王星は1ハウスにイン。

それが先ほどの4ハウスドラゴンヘッドとも角度を取っているしね。

 

もう私自身、「こうでなきゃいけない」という思い込みからは解放されたいんだろうな。ごったまぜの中で、「何でもアリ!」の精神で、自分自身を叩き上げていく。

「星読みじゃ生活成り立たない」みたいな気持ちを捨てようとすると思う。

混沌の中から自分の仕事を作り上げていこうとする。

そもそも、海王星だから自分自身が混沌になりそうだし。

精神的な世界に半分くらい埋まっていきそう。

半分が実体、半分は空想の世界へ。

 

海王星は11ハウス山羊座木星土星冥王星セクスタイル

誰かしら、その道の教師的な人と出会える場があるかもしれない。

一時はインド占星術を習おうと思ってたんだけど…その辺もあるかなー。

 

MCは射手座。サビアンは「明るみに出る夫を亡くした妻の過去」。

最終的には、何か自分の中での真理のようなものを得られるかもしれない。

この辺は、誕生日から学び始めたヌーソロジー関連とか、

誕生日にたまたまお参りすることになった妙見菩薩にまつわる何かかも。

自分の中で、その辺の何かが繋がって、色々と腑に落ちるかもね。

そうなると、先の11ハウスのトリプルコンジャンクションは、

ヌーソロジー関連の何かだったりするかもですね。

 

さて、日常を示す「月」の状態は、双子座3ハウス。

あちこちに興味散漫で落ち着かない感じかな。

でもフットワークは軽い。動き回る。

あれこれ知りたいことが増える。

 

ネイタルチャートと重ねてみても、

それぞれの意味合いがますます補強される感じだなぁ。

 

ここ数年は、子供も小さいし、

地に足をつけざるをえない暮らしを続けていたけれど、

ちょっとずつまたふわふわっとしていくかもしれない。

でもまぁ、そのふわふわっとしたものを、

いかに現実に落とし込んでいけるかという部分だよね。

そこは変わらない。

というか、子供産んでからは一層強くなった。

…というよりも、いやがおうにも目の前にあるのは現実だからなぁ。

そこが上手く回らないんであれば、そんなものは無用の長物なんだよな。

 

つまりは、精神論ではなくて、実際的な理念を。

 

そういった1年になっていくだろうし、していきたいと思う。

おしまい。次の誕生日に読み返すのを楽しみに。